養成所ってどんなところ?30歳でも通える養成所一覧

未分類

「もう30代だし」「声優になるには遅いでしょ?」

いつも何か始める前にあきらめる理由を探してませんか?

「あの時チャレンジしていたら」とずっと後悔し続けるくらいなら、長い人生のほんの数年間だけ夢に向かって精一杯努力してみてはいかがでしょか。

声優の養成所はプロの声優を育てるための厳しい場所です。

入所時にはオーディションがありますし、それに合格しないと入所させてもらえないところがほとんどです(インターナショナル・メディア学院は試験なし)。

誰もが平等にチャンスを与えれる場所ではありません。実力だけがものをいう世界。実力があれば認められますし、なければ振り落とされます。

専門学校はみんなで和気あいあいと声優を目指そう!という雰囲気ですが、養成所はプロ育成機関なので、周りはライバルという感じで専門学校よりビリビリとした緊張感があります。

ほとんどは週1レッスンなので、社会人でも通いやすいですが、努力を怠るとすぐにおいてきぼりなってしまうシビアさはあります。

ただ、入所試験に合格し、そこで努力ができるあたなであれば、声優への道はぐっと近づきます。

養成所の特徴

養成所は大きく分けて2種類!

・声優プロダクションが直接経営していてプロダクションの付属になっている養成所

・特定のプロダクションの付属ではない独立した養成所

プロダクション付属の養成所の場合は、レッスンが終了した時点で 、運営しているプロダクションに所属するためのオーディションを受け、合格した人がプロとして所属することになります。

なのでプロダクション所属の養成所を選ぶ場合は、どのプロダクションに入りたいのか明確にしておく必要があります。

プロダクション直営のほうがデビューに近いイメージはありますが、30代で受け入れ可能な養成所がそれほど多くはなく、直営だと養成所を運営している1社しかチャンスがないといったように間口は少々狭いです。

30代でプロを目指すあなたは、できるだけ多くの協賛が得られているプロダクションか、直営ならばより多くの作品を世に送り出しているプロダクションに付属した養成所がおすすめです!

下記で紹介する養成所のは30代でも受け入れ可能で、尚且つチャンスの多い養成所です。

この3社は資料を取り寄せてしっかり吟味してほしい養成所ですね。

30代でも通える!養成所

インターナショナル・メディア学院

プロダクション直属 声優養成所で、ドラゴンボールのベジータ役で有名な堀川りょうさんが学長を務める養成所です。
毎月入所者を募集しているので、思い立ったらすぐに勉強を開始できるのがいいですね。
レベルことにコース分されており、入所時の受験はありません。
運営母体のIAMグループは、手がける作品数は業界トップ。3ヶ月に1回のプロダクション所属オーディションを実施しており、チャンスの多さは業界No.1!

なんと!30歳どころか、50歳からのシニアコースまであるのです。間口が大きくチャンスも多い今一番おすすめの養成所です。

養成所としての歴史は浅いですが、排出したプロの声優がとにかく多数!!

校舎所在地
札幌、仙台、新潟、長野、宇都宮、大宮、東京、浜松、名古屋、大阪、高松、岡山、福岡、広島、金沢、柏、八王子、横浜、秋葉原。
+海外ハワイ校、香港校、シンガポール校、タイ校、インドネシア校、フィリピン校、ベトナム校、マレーシア校、台湾校
修学期間
2年、週1、(2年後もレッスンがうけられる特待生制度あり)
費用
入所金100,000万円(分割可)、教材費100,000、授業料40,000円/月(初年度合計680,000)
応募資格
声優・俳優ベージックコース:義務教育を修了している者(年齢の上限はなし)
公式HP
インターナショナル・メディア学院 

 

資料無料請求

 

**資料請求はここからPC画面**

**資料請求はここから スマホの場合**

日本ナレーション演技研究所

週1〜3日で自分のペースでコースが選べます。

27〜30歳までという年齢制限をもうけている養成所が多いなか、日ナレは40歳まで受け入れ可能

プロダクション直属の養成所じゃないですが、グループプロダクション多数!

【グループプロダクション】
株式会社アーツビジョン、株式会社アイムエンタープライズ、株式会社クレイジーボックス、株式会社ヴィムス、株式会社アライズプロジェクト、株式会社澪クリエーション
校舎所在地
代々木校、池袋校、御茶ノ水校、立川校、町田校、大宮校、千葉校、柏校、横浜校、仙台校、名古屋校、京都校、大阪校、難波校、天王寺校、神戸校
修学期間
基礎科(初級)・本科(中級)・研修科(上級)各2年(合計6年)、週1〜3
費用
入所金100,000、週1回コースのレッスン料200,000円/年
応募資格
中学卒業以上〜40歳(ジュニアクラスあり)
公式HP
日本ナレーション演技研究所

資料無料請求

**資料請求PCの場合**

**資料請求スマホの場合**

資料無料請求

アプトプロ付属養成所

音響監督亀山俊樹氏が立ち上げた声優プロダクション付属養成所。

2年と養成期間はながく、基本から実践までしっかりと育成。

様々な作品のキャスティング権を握っている音響担当車が代表を努めており、優秀者は在籍中からオーディションのチャンスが与えられ、デビューの可能性あり!

校舎所在地
東京 新宿
修学期間
2年、週1
費用
入所金100,000、年間費28,0000(2分割払い可)
応募資格
中学卒業見込み以上
資料請求
件名:アプトプロ付属養成所資料希望
本文:名前、住所を明記して下記アドレスまで
school@aptepro.jpHP:アプロプロ付属養成所

資料を取り寄せたらチェックするポイント

1、授業内容
養成所のよってレッスンの指導方針が異なります。演技に主軸を置いているのか、声の演技にこだわりたいのか、上級者向けなのか初心から学びたいのかで選ぶ養成所も変わってきます。

2、受講日
仕事をしながら養成所に通う場合に重要になってくるのが日時です。昼の仕事をしていて昼のレッスンしかない養成所には通いにくいですからね。授業が平日だけなのか土日もやっているのか昼なの夜なのか、しかり吟味していください。

3、どんな講師に指導してもらえるのか
できれば、現役で活躍しておられる声優さんを講師に迎えている養成所がいいですが、名前を連ねてはいるけど、実はゲスト講師で年に1回だけだったということもあります。

4、レッスン料
ネットで公開されていない養成所も多く、授業料には幅があります。公表されている以外のお金が必要になったろもしますし、ここはパンフレットをしっかり見て、わからないところはメールや電話で確認するなどしましょう。

5、提携プロダクション
プロダクション直営ではない養成所の場合、特に注意したいのが提携しているプロダクションの質や数です。学内オーディションがどれだけ行われていて、どんな卒業生を排出しているのかは、養成所選びの大きな指針になります。

6、レッスン日時と期間
養成所の場合は、週1回のレッスンのところが多いですが、週1回のレッスンを受けているだけで声優レビューできるほどは甘い世界ではありません。

レッスン日以外にどれだけ自主練に時間をかけられるかが重要になってきます。仕事をやめてレッスンに集中できる場合は1日8時間以上の自主練も可能ですが、働きながら養成所に通う場合は1年しか通えない養成所では時間不足なる可能性が高いです。少なくとも2年はレッスンできるところのほうが望ましいです。

***関連記事***

▶️▶️ あなたの夢をバックアップしてくれる専門学校の選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました